チューターについて

さて、ここでは大きな英会話教室などでは常駐していることも多い、「チューター」について、簡単に説明をしながらその特徴をあげていきますが、チューターとはその名の通り英会話教室などに常駐している事務員のことで、雑務や様々な事務授業準備などを担っており、その一方で、通う人の悩みの相談や、進路の相談なども聞くなど、総合的な役割をしながら、いわば「英会話教室の顔」となっている場面も多く見受けられるようです。

例えば、講師には相談しづらいが、友達にも相談しづらいというようなデリケートな英語の悩みなどは、チューターに相談してみると気楽になれるかもしれませんありがちな悩みとしては、「自分が英会話教室に通ったことで成長しているのかどうか分からない」といった自分自身の成長についての悩みや、「講師の人が厳しくて、あまり会わないのではないかと思うようになってきた」といった実際に授業を受けてみて感じたことなどもこれに含まれるでしょう。他にも、「金銭的にきつくなってきたが、いつまで続けるべきか」などという個人的なレベルの相談まですることがあるようですから、その対応力にはすばらしいものがあると言えそうです。

そして、チューターは、総合的に英会話教室全体を見ていることが多いですから、広い目で俯瞰的かつ客観的なアドバイスがもらえるといえそうです。もしも、あなたが個別レッスンに通うことになるならば、相談する際には講師に相談するということもよくあるという風に聞いたことがありますが、それ以外のセミ個別レッスンや大人数参加型のレッスンなどでは悩み事が生まれたら、まずは「チューターに聞いてみる」というのもいいかもしれませんね。

また、チューターに相談をする分には無料であるということもありますから、積極的に活用していく必要があるとも言えそうです。このようなチューターへの相談などを含む「バックアップ体制」というのは、これからあなたが質のいい会話教室に通う際に、特に注意しておき、通い始めた後も十分に注意をしておく必要があります。

どんなに良い講師で、どんなに良い教材を使っていたとしても、ほとんど生徒に対してのバックアップが無く、悩み相談も聞かないということでは、あまり良い教室とは言えないのではないでしょうか?お金本位になってしまい、授業や生徒のアフターケアを重要と考えないところは多くはないとは思いますが、生徒を大切にし、チューターや講師などとの間の風通しが良い教室こそが、良質な英会話教室であると、言えそうですね。

また、バックアップ体制が十分なところでは、あまり悩みをかかえこまずに気兼ねなく英語力だけを考えて生徒は通うことができるために、十分な英語力の伸びが期待できそうですね。このような所は、非常に重要な点であり、よくよく考えて選択することが求められるでしょう。インターネットなどでは散見される話ですが、チューターの人自身も同じ英会話教室に通っていたというパターンも多いようですから、通っていた経験に基づいて話すことが出来るならば、相当に有益なアドバイスがもらえる可能性もあるでしょうし、英会話教室の実態にくわしい人に直接相談をすることができるのは大きなメリットと言えるかも知れませんね。

しかし、小さな英会話教室や、中程度の英会話教室では、チューターが設置されていないところも多く、このような場合では相談する人が見つかりにくくなってしまうというデメリットもあります。