Uncategorized

言語ごとに違う周波数

「英語耳を作る」とはどういうことでしょうか。実は、日本語と他言語では周波数が異なるため、大人になってからでは聞き分けられなくなってしまう言葉があります。数年前に、モスキート音を出すスマートフォンのアプリが流行し、子供と大人とでは聞き分けられる音域が異なること、子供、特に幼児に聞こえる音が広範囲であることが知られるようになりました。つまり、幼児期に特定の周波数を聴き続けることで、成長してからもその周波数を拾えるようになる、というのが耳を作るということです。

 

私たちが使う日本語は低周波をよく使う言語で、およそ150~2000ヘルツ。英語は、アメリカ英語かイギリス英語かなどでも微妙に変わりますが、おおよそ2000~12000ヘルツと高周波を使用しています。

 

文法や単語を覚えるなどの英語学習が得意でも、リスニングは苦手だという人は、日常で聴いている日本語が低周波なために、耳が低周波に慣れてしまって、高周波を聴き取りづらくなってる状態だと言えます。そこで、幼いころ、特に2歳くらいまでのゴールデンエイジに英語など他言語を継続して聴くことで、自然と高周波に耳を慣らしておくことがとても大切です。

 

幼児期は、難しいことを教える必要はありません。あくまで耳を慣らすということを目的として、音楽やニュースを聞かせたり、幼児本を読み聞かせたりする程度で大丈夫です。

日本語を母国語に、日本で生活していると、すんなり英会話ができるような英語耳をつくることはなかなか難しいかもしれませんが、前項まででもお伝えしたように、継続することが大切だということを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です