Uncategorized

リスニングが重要視される英会話

一般的に英会話に求められるスキルは大きく「読む、く、聴く、話す」の4分野に分ける子ができると思います。この4分野のうちもっとも難しいと言われているのが聞く、リスニングの分野でしょう。他の3分野はある程度、自分の技能に合わせたスピードで取り組むことができますが、リスニングは相手が容赦なく話すので難しいのでしょう。また、英会話ではジェスチーや表情を始めとする非言語の情報も含まれます。しかし、資格試験や電話などでは純粋に音だけですから、そう簡単には内容を理解することはでき案と思います。リスニングの技能が伸びた人は、リスングが難しいことをよく知っているからこそ重点的習しているだと思います。

一方で、単語に時間をかけることが英会話の成績を伸ばさないのはなぜなのでしょうか。英会話で難しい文法や単語を用いて話すことは多くないと思います。簡単な英語を速く反応する能力を問うものでしょう。そのため、大学受験を始めとした英語の試験とは別種のものと言えると思います。かつての成功体験を忘れられず、英会話でも同じような円強方法で取り組んでしまう人が少なくないのでしょう。英単語を重視する勉強法もまたそのつだと思います。英会話の進歩がない人は、単語を暗記すれば英語の成績が良かった学生時代の英語から脱却できていないのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です