Uncategorized

間違った方法を選ばない

「英会話を身につけたいなら、なんといってもネイティブに習うべき」という意見を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。他にも「ネイティブの発音は日本語と周波数が違ってヒアリンクできない」と言った意見や、「英会話の上達には単語力が絶対的に欠かせない」といった単語至上主義のほか、「文法を覚えなければ、
会話が成り立たない」などといった文法至上主義のような意見もさまざまみみにしてきたのではないでしょうか。しかし、これらの意見のほとんどは一般に信じられている間違っ た常識や勘違いであると言えるでしょう。英会話能力を身につけた日本人を育成するためには、まずネイティブに合わせる前に、勉強法を日本人に合わせるべきと言えるでしょう。日本人の特性を理解し、人間の脳の「言葉を覚える仕組み」こ沿った教育がされなければ意味がありません。これらを無視しながら練習や学習をどれだけ積み重ねても、何百時間英語を聞き流したとしても、英語の決定的な上達は望めないと言えるでしょう。反対に言えば、そこがクリアできさえすれば、日本に居ながらパイリンガルのような圧倒的なリスニング力と会話力をマスターすることができると言えるのではないでしょうか。自身に合った方法を選び、無理なく続けていくことが、上達への近道と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です