Uncategorized

シャドーイングの手順

英会話を学ぶにあたってシャドーイングを始めようと思っていても、いきなり「完璧に英語を復唱する」というのは難しいでしょう。実際に聞きながら声に出すというのは慣れが必要で、上手く行えない人も多いそうです。シャドーイングを行うために手順を踏んで、リスニングとスピーキングに慣れていくことが大切です。

シャドーイングに慣れていない人の練習方法は、まず「英文を見ないで音声のみを聞く」ことが効果的です。英語の意味が分からない部分が多くとも、そのまま何度か繰り返して聞くことで、イントネーションや、全体の雰囲気を掴むことができます。この時、余裕があれば聞こえた音を声に出さず、心の中で繰り返し発音してみても良いでしょう。これはサイレント・シャドーイングと呼ばれており、声に出さないので自分の声が邪魔にならずにリスニングを行うことができます。全体の雰囲気が掴めたら、次はマンブリングを行います。これはサイレント・シャドーイングとやっていることは同じですが、小声で呟くように繰り返します。あくまで声を小さくすることで、リスニングの音声に集中できます。最後に、実際の英文を見ながら音声を聞きます。はっきり聞きとることのできなかった英語の意味を理解することができ、答え合わせとも言えるでしょう。何度も聞いて実際に自分で発音した英語でもあるので、英文理解をしやすくなると言われています。最後は、実際に英文を見ながら「同じタイミング」で、発音を行います。プロソディ・シャドーイングと呼ばれる方法で、イントネーションやリズムを同時に発音することで、忠実に英語を再現できます。これらの練習を繰り返し行うことで、英語のリズムに慣れてシャドーイングを行いやすくなるそうです。ボイスレコーダーを使って自分の声を録音することも、効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です