Uncategorized

話す内容を作る

英会話を行う上で、初心者は「話す内容が思いつかない」という問題に直面しがちです。せっかく単語や構文を勉強しても、実際の英会話に生かせなくては意味がありません。英会話の上達のために話すネタを持っておくということは効果的です。また、日本人は討論などの意見交換に慣れていない場合が多く、1を聞かれても1の返事に留まってしまい、話が広がらないということも原因にあるそうです。少なくとも「このネタであれば1分は話せる」というスピーチネタを増やしていければ、会話が広がることはもちろん、付随した英単語を覚えられるなどの英語学習にも繋がります。

スピーチネタと言っても、専門的な話や、ウケを狙うような面白い話を考える必要はありません。何も話すことが思い浮かばないという場合は、自己紹介から考えると分かりやすいでしょう。自己紹介は、ある程度の中身が決まっています。自分の名前、出身地、家族や職業、趣味についてなどです。例えば出身地が有名な場所であれば話を広げても良いですし、趣味についての出来事を話すことも相手の興味を引くことができます。これらの話題については、事前に用意をしておくことができますので、いざという時に困らないよう考えておきましょう。雑談の場であれば、話している途中に「あなたはどうですか?」と相手に話を振るのもひとつの手段です。他にも、「週末に何をしていたか」「直近で旅行に行った話」など、雑談ネタはいくらあっても困りません。特に英会話学習を行っている時には自己紹介を行う機会も多いので、なるべく多くのネタを持っていた方が良いでしょう。ただし、趣味の場やビジネスの場など、シーンによって使える話題も違いますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です