Uncategorized

日本語と英語の発音の違い

英会話で苦労するのは発音だという人も多いかと思います。
日本語と英語の発音は根本的に違うそうです。
日本語には、母音は「あ・い・う・え・お」の5つしかないのですが、英語には、日本語のような短母音と二重母音の7音あるそうです。
また、日本語にはまったくない音も含めると24音もの母音があるそうです。
この24音を正確に聞き分けて、正確に発音することができるようになるためには、絶対音感が必要だと言われているそうです。
赤ちゃんのころは、絶対音感があると言われているそうで、赤ちゃんの頃から英語を聞いていたら、24音は聞き分けることができるとされているようです。
また英語には濁音や破裂音などの子音がありますが、とても複雑でなかなか覚えることができないと思います。
破裂音として「t」というものがあるかと思います。
日本人はつい「と」と発音しがちだそうです。英語の場合は「t」を非常に弱く破裂させるそうです。こうすれば後の音が発音しやすくなるからだそうです。
「th」「l」と「r」の違いも難しいかと思います。
絶対音感がある人はこれらの音の違いが判るそうです。
大人の場合、絶対音感がある人は少なくなってしまうので、微妙な発音の違いをいくら気にしても正確にはわからないといえるそうです。
そう考えると、開き直って発音は気にせずにどんどん話したほうがいいと私は思うのです。
現在、日本に来ている外国人も日本語を操っていますが、完璧な日本語の発音というわけではない人も中にはいるのではないかと思います。
けれどそんなことを気にせずにどんどん話している人も多いのではないでしょうか。
銀座の英会話スクールでもやはり発音などを気にして発言をしている人よりも発音はいったん気にせず会話を¥に励んでいる人をよく見かけます。

皆さんももし発音を気にしているようであれば、一度そこは気にせず話してみることをオススメします。

銀座の英会話スクールには、そういったところもしっかりサポートしてくれるところもあるそうです。

ぜひ調べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です