Uncategorized

英会話教育 その2

子供に対する早期英才教育として、英会話を取り入れる事は、子供の成長過程における良い刺
激要因となり、子供たちの成長をバックアップする英知と成り得ますが、ネィティブスピーカーのよ
うに英会話ができる日本人に育てたいという考えのもとに、英会話を強制する事は、子供たちにと
って様々なデメリットを生み出すという考え方もあります。そのようなデメリットを述べる1つの例と
して、日本語と英会話が、中途半端に身に付くケースもあると言われています。バイリンガルと呼
ばれる人たちの中でも、日本語と英会話を話す事で、日常会話には支障なないけれど、「読み」「
書き」となると、「漢字」が全く「読む事ができない」「書く事ができない」といった、日常会話のみ専
門のバイリンガルがいる事も、二ヶ国語の幼時教育の過程で起こりうるケースなのだそうです。ま
たバイリンガルの対義語で、一ヶ国語しか話さない人を「モノリンガル」と呼ぶそうなのですが、グ
ローバルな見解からも、「モノリンガル」の人たちの方が、論理的な考え方が長けているといったモ
ノリンガル至上主義的な考え方もあるようです。母国語も、第二言語も中途半端な人たちの呼び
名を「セミリンガル」と言うそうなのですが、十分に自分を表現できる言語が身に付いていないとい
う事は、本人にとっては想像以上に苦しい事だと耳にした事があります。いずれにせよ、言語が十
分に身に付かないからといっても、人生の中で言語を学ぶチャンスというのは、どんな時であって

も自分で切り開くものなのですから、周囲はそのような人を見かけたら、見守りながら、どちらの言
語を母国語として優先とするのかは、本人の意思を尊重するべきだと私は考えています。幼少期
における子供たちへの英会話教育には、良し悪しがあるという事実も受け止めておく必要がある
と感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です